Michiaki Ishida

​1962-2018

 2018年6月3日、鵠沼の空は快晴だった。少し南の風は吹いているが、コシほどの波が上がっている。そんな絶好のロケーションの中、Michiaki Ishida Memorial Celebration & Paddle Outは始まろうとしていた。このセレモニーはCaliforniaの仲間達が、Dana Pointで行おうとしているパドル・アウトの気持ちを受けて行うもの。時差の違いこそあるけれど、数時間後にはDana Pointでも、同じ思いを持った仲間達が、California General Storeのオーナー、石田道朗さんのためのパドル・アウトが行われる。

 午前10時を迎えようとする頃から、続々とパドル・アウトへの参加者が訪れる。ビーチの階段には、多くのログが並べられていった。いつもの顔、久方ぶりに合わす顔、あちこちで楽しげな話が紡がれていく。受付では参加者たちの記帳が行われていた。そして記帳を終えたものは、石田さんが生前最後、タイラー・ウォーレンにカスタムオーダーしたボンザーにサインをしていく。石田さんに対する感謝の気持ちを込めた言葉がボードを埋めていく。

 本当に多くの人が集まっていた。80人を超える人数は確実に集っていただろう。ビーチのこの一箇所は、黒いラバーのウェットスーツで埋められていく。その中には、ツリーハウスビルダーの小林崇さん、アーティストの新倉孝雄さん、ミュージシャンの森俊二さんらの顔もあった。「Hi guys!」とアレックス・ノストも仲間と笑顔でやって来てくれた。来日中だった彼は、帰国日を変更してまでこのセレモニーに参加してくれたのだ。多くの人たちがそれぞれの石田さんへの思いを抱えてやって来た。

 まずは、Rokiからセレモニーの説明を受け、全員が揃っての記念写真。80人もの記念写真。壮観だった。その後、ボードを抱えてみんなが波の向こう側を目指す。続々と海に入っていく仲間達。混雑する中を抜け、みんなは波を乗り越えていく。そんな中で小学生のふうちゃんもアウト・サイドを目指していた。途中でセットの波を受けながらも、懸命に彼女はパドルを続ける。その姿は感動的でもあった。

 アウト・サイドにみんなが集い、円を描く。みんながしっかりと手を繋いでいく。合図でみんなが一斉に手を掲げ、静かに手を下げる。と、その刹那、インサイドにいたサーファー達は波を追うことをやめ、視線をそのサークルに向けていた。そして仲間達は祈りに入る。それぞれが石田さんへの思いを胸に祈る。そんな気持ちはスーッと空に上って行ったのだろうか? それとも海に広がって行ったのだろうか? 胸に描くイメージは人それぞれだが、思いは確実に石田さんの元へと届いたはずだ。祈りの時がしばらく続き、最後はみんなで水を掛け合う。みんな笑顔だ。はみ出してしまうような笑顔だ。そうして仲間達とのパドル・アウトが終わった。後はみんなでサーフィンを楽しむだけだ。

 

 午後になり、California General Storeに仲間達が徐々に集まってくる。映画『Aloha Death』の特別上映会のためだ。この日のために木村衛監督も駆けつけてくれた。『Aloha Death』は、石田さんがアソシエイト・プロデューサーを務めた映画。上映前の挨拶で、木村監督は石田さんと鵠沼で出会ったこと、編集を手伝った石田さんの盟友。J.P.プルニエさんの家で、合宿しながら編集作業をしてエピソードなどを話してくれた。石田さんは数多くの友人との出会いを、海で経験している。J.P.との出会いも海の駐車場だった。

『Aloha Death』は、オーストラリア、ハワイ、カリフォルニア、日本、そしてオレゴンと巡り、23人のレジェンド・サーファーに死生観を聞いていくというストーリー。海や波という自然と近しい関係にある彼らが、どのような気持ちで死と対峙しているのか? 大自然との調和、生と死、そして愛。淡々と話をする彼らの声が、重く深く心に染み込んでくる。木村監督は3年間も費やして撮影したフィルムを、80分に濃縮させて、この映画を完成させた。それだけに濃厚な意味合いが、この映画から伝わってくる。石田さんのセレモニーを行った、この日に上映したことは、とても意義があったと思う。映画の最後にパドル・アウトの映像があったが、そんなシーンも、この日の情景とリンクするものがあった。

 パドル・アウト、上映会と続き、California General Storeでは、いつものパーティが始まった。気持ちいい音楽を聴き、談笑を楽しむ。一日を通して石田さんのことを考えたこの日。石田さんはどんな気持ちで僕たちを見つめてくれていたのだろうか? 石田さんの笑顔が脳裏に思い浮かぶ。とてもいい一日だった。

 

6/3、皆さんのきもちと笑顔が集まった素晴らしいセレモニーで、石田さんとの時間をシェアすることができました。サポートしてくれた友だち、ご理解を頂いたローカルの皆さんにも心から感謝します。セレモニー発起人のDana Pointローカルの皆さんにも心から感謝。 石田さん、ありがとう。The meaning of his name is “The road is cheerful”(RokiのInstagramより)

 

P.S.6月3日、パドル・アウトを行う早朝、ジョエル・チューダーのInstagramには、日米で行われるパドル・アウトの告知があった。そのジョエル文字を見て、僕らのモチベーションはどれだけ上がったことか! ありがとうジョエル!

Memorial Celebration & Paddle Out

Movie "Aloha Death"

Kugenuma,JP↔︎Doheny,Ca

 

Doheny,Californiaでのパドルアウトのご案内

 

The memorial and paddle out, at Picnic site #3 at Doheny. Here is a link to Google Maps for Doheny.
https://www.google.com/maps/place/Doheny+State+Beach/@33.4631511,-117.6900656,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x80dcf21d3aabc67d:0x94584d8e2c37c5e0!8m2!3d33.4631511!4d-117.6878769

 

Doheny State Beach
25300 Dana Point Harbor Dr, Dana Point, California 92629

 

In the park there are signs to show where the different picnic areas are. Number three is near the river mouth and the lifeguard building. At the event we cannot call it a “paddle out” because that requires special permits, but we can call it a “surf session"
 

 

 

 

 


Here is a link for the Facebook announcement:

​Larry White

 https://www.facebook.com/events/165703200782260/

鵠沼でのご案内 

日付:2018年6月3日(日曜日)

時間;10時〜11時30分位

集合場所:鵠沼海岸平和の像前ビーチ(県立湘南海岸公園)

神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目17-3

https://goo.gl/maps/UoUZXb4jNe42

 

 

サーフ・ムービー『Aloha Death』の上映:14時頃 

​SP Guest : 木村 衛 監督

場所:California General Store

Drink:Beer & Soft Drink

http://www.alohadeath-mov.com/jp/index.html

 

※悪天候時は上映のみ、パドルアウトは中止とさせていただきます。

 

 

問い合わせ

California General Store

神奈川県藤沢市鵠沼84-7

TEL0466-25-1837

http://www.californiashop.net

COMMUNiTY

  • Instagramの - ブラックサークル