ON ANY MORNING

 

1974年当時は、ヒッピー全盛からニューエージへ移行していた時代である。またサーフィン界ではショートボード革命期、オーストラリアの極端に短いサーフボードとハワイのピンテールが世界を一世風靡していた。

パイプラインのチューブをライトニング・ボルトでマスターするジェリー・ロペス。

1974年伝説のコークコンテストでのマイケル・ピーターソン(ケリー・スレーターも絶賛)等、今に強く影響を与えているサーフィンを見る事が出来る伝説のシーンの連続である。また当時のファッション、サウンドは時代が回って新鮮でもある。

その証拠にこの時代のサーフボードが今再び脚光を浴びている。

本作はオーストラリアは元よりハワイ、USAメインランドでも劇場公開され大成功を収めた。「モーニング・オブ・ジ・アース」(1972年度)と「フリーライド」(1976年)の中間の頃をしっかり描いた名作である。特に当時の水中撮影では飛び抜けている。 
 
★ジェリー・ロペスが真っ赤なライトニングボルトでマスターするパイプライン
★オーストラリアのビクトリア州ベルズビーチでのイースターコンテスト(リップカール)でのジェリー・ロペス、リノ・アベリラ、ジェフ・ハックマン等ハワイアンとウェイン・リンチ、ナット・ヤング等オージー勢のセッション。
★ミジェット・ファレリーとピーター・ドリューエンのシドニー・シークレットでのビッグウェーブ。
★74年コークコンテスト世界最初のマンツーマンのマイケル・ピーターソン 
★ウェイン・リンチ、ジェリー・ロペス、ナット・ヤング、ジェフ・ハックマンが滑るバリ島ウルワツ。ナット・ヤングのリラックスしたクタリーフも貴重映像。
★ニュージーランド・トリップではラグラン他のポイントの真骨頂を見る事が出来る。
★ゴールドコーストのチューブ水中シーン等、見所多し。

1974年 71分

ON ANY MORNING

¥4,800価格
    • Instagramの - ブラックサークル